超音波美顔器の効果と特徴


記事用写真

 

  超音波美顔器は、超音波の細かい振動を利用して、肌の奥深くまでケアをして、くすみやシミを改善し、ハリのある美しい肌を作るということが特徴の美容器具です。 超音波によるスキンケアはエステサロンで施術してもらうことが多い美容法でしたが、家庭用の超音波美顔器を利用することで、自宅でも手軽にスキンケアをすることができます。  

 

超音波美顔器の最も効果的な周波数とは?

超音波美顔器はスペックによって周波数は1MHzのものから8MHzのものと様々です。一見、周波数が高いものを良い美顔器と思い込んでしまうかもしれませんが、そうではありません。周波数によってお肌に与える影響が変わってきます。

では周波数の違いによっての効果効能の違いを見ていきましょう。   美顔器の周波数は低いほど振動の回数が少なく、その分大きく振れて振動の幅が広がるので、肌の内部まで振動が伝わります。逆に美顔器の周波数が高いほど、振動の幅が小さく、その分細かく振れて振動の幅が狭まるので、肌の表面までしか振動が伝わりません。

  1MHzくらいの周波数だと肌の奥の方まで届くので美顔器には向かず、逆に脂肪の多い箇所(お尻、お腹、太ももなど)を刺激するようなマッサージ機器などに多く使用されている周波数です。

2MHzくらいの周波数だとお真皮と呼ばれる肌の皮膚の内側にある皮膚までちょうど周波数が届くので化粧水や専用ジェルなどの美容成分をお肌の奥まで浸透させる効果期待ができます。

5MHz以上の周波数になるとお肌の表面的な部分を集中して振動させるのでクレンジング効果マッサージ効果が期待できます。 つまり改善したいお肌の状態によって選ぶ美顔器も変わってくるということです。

 

低い周波数の美顔器は顔やせや小顔効果を生みやすく、高い周波数の美顔器はお肌の汚れを落とす効果があり、2MHz帯の美顔器は美容成分をお肌の奥にしっかりと浸透させる効果があります。美顔器の中には周波数が変動するものや、イオン導入出機能やEMS機能が付いているものがあり、超音波だけではない機能を搭載してさまざまな美顔効果が期待できる商品が多くなってきています。  

 

イオン導入出の効果とは

最近の美顔器には「イオン導入出」という機能が付いているものがありますがこの機能は何なのでしょう。イオン導入出とは電流を使ってお肌に美容成分を浸透させたり(導入)、お肌の表面にある汚れを出す(導出)機能のことです。超音波の周波数が固定の場合などにイオン導入出があればお肌に美容成分を浸透させることも汚れをとることもできるので最近の美顔器にはイオン導入出機能が付いているものが多いです。  

 

EMSとは

EMSとは低周波のことで、筋肉を電気の刺激で収縮させる働きがある為、顔の筋肉のたるみを引き締めて肌にハリを持たせたり、血行を良くして、コラーゲンなどの分泌を促し潤いのある肌にしたりするだけではなく、身体の気になる部分をシェイプする効果があります。  

 

超音波美顔器の効果とメリット

超音波美顔器の効果には、超音波の振動で、肌の古い角質や毛穴に入り込んでいる汚れを浮き上がらせ取り除くクレンジング効果、超音波の振動で肌に刺激を与え、肌を引き締めるマッサージ効果、肌の内部の代謝を促し、血液やリンパ液の循環をよくする効果があります。 美顔ローラーは単純に言うとマッサージ効果しかないのに対し、超音波タイプの美顔器なら汚れをとったり(クレンジング効果)マッサージ効果美容成分を浸透させることができます。これが超音波タイプの美顔器のメリットです。  

 

超音波美顔器のデメリット

超音波美顔器のデメリットは、専用のジェルが必要であるため、美顔器を購入する初期費用の他に、定期的にジェルを購入しなくてはならないことです。でも実は専用のジェルを使用しなくても美顔器は使うことができます。その方法はまた別の記事に書かせていただきます。  

 

まとめ

超音波美顔器は、周波数の違いによって得られる効果が変わります。周波数の低い機器ほど肌の奥まで振動が伝わるので美容成分を肌の奥まで浸透させることができるので、顔のスキンケアに、周波数の高い美顔器は、クレンジングやマッサージの効果を得る為に使います。

おすすめの美顔器ランキングはこちら