小じわを美顔器で改善!


小じわを改善する方法

 

乾燥する季節になると、小じわが気になる方が多いのではないでしょうか?

しわの原因に合わせて、適切なスキンケアをして小じわを防ぎましょう。

 

しわの種類と原因

しわには、主に紫外線によるしわ、乾燥によるしわ、表情の癖、表情筋の衰えによるしわ、急激に痩せた為に発生するしわがあります。

最も深く刻まれてしまうしわは、紫外線によるしわです。

紫外線にはUVAとUVBがあり、メラニン色素を発生させるUNBはしみのもとになり、UVAは表皮の下にある真皮の弾力繊維を切り刻んで深いしわができる原因になってしまいます。

乾燥によるしわは、北風やエアコンなどによって周囲の空気が乾燥した時に、潤いのある肌を保持する為に必要な水分が奪われてしまってできます。

表情の癖、表情筋の衰えによるしわは、眉間にしわを寄せる、笑った時に目尻にしわを寄せるなど、無意識のうちにしている表情のせいでできるしわで、若いうちは表情筋がしっかり働いているので、表情を変えれば自然に元に戻りますが、30代を過ぎると表情筋が衰える為、次第に表情によるしわが残るようになってできるしわです。

急激に痩せた為に発生するしわは、急激なダイエットなどによって痩せた場合にできてしまうしわです。

 

しわの種類による効果的なスキンケア

紫外線によるしわの場合は、切り刻まれてしまった真皮の弾力繊維の機能を回復させる必要がありますが、すでに切り刻まれた弾力繊維は元に戻せません。

コラーゲンやビタミンCなど、保湿に役立つ成分をサプリメントや食物から摂取すること、紫外線を浴びないことが大切です。

もうしわになってしまったから手遅れ…と思ってあきらめてしまうと、しわもしみもますます悪化してしまいます。

気が付いた時からすぐに紫外線ケアを始めましょう。

日焼け止めクリームを塗る、帽子や手袋を使うなど、紫外線を浴びない工夫をする、紫外線を浴びてしまったら、ビタミンC誘導体が配合されている美容液などでケアする、新陳代謝を促すためのケアをしましょう。

乾燥によるしわは、保湿効果の高い化粧水や美容液、クリームなどを使用して保湿することで改善することができます。

間違ったスキンケアによってより肌を乾燥させてしまうことがありますので、お湯で洗顔をしない、シャワーを顔にあてない、刺激の強い洗顔料を使わない洗顔後はすぐに化粧水や美容液をつけるというような、肌を乾燥させない為の工夫も必要です。

 

レチノールより美顔器が効果的な老化によるしわ

表情筋の衰えでできるほうれい線やめもとのしわには、美顔器を使ったスキンケアが有効です。

老化によるしわにはレチノールというビタミンA誘導体の配合された化粧品が効果的だともいわれますが、高い効果が期待できないばかりか、角質層が剥がれおちすぎて敏感肌になってしまう恐れもあります。

それよりも通常の保湿成分の入った化粧品に加えて、美顔器で表情筋を鍛えるという方法を取る方が、安全で確実です。

 

まとめ

紫外線によるしわは深いしわなので、完全の修復することはできませんが、乾燥によるしわは保湿、表情筋の衰えによるしわは保湿と表情筋のトレーニングによって改善することができます。しわのケアと予防には、紫外線を浴びないこと、肌の新陳代謝を促すこと、表情筋を鍛えることが大切です。

おすすめの美顔器ランキングはこちら