パラベンとは


パラベンとは

 

化粧品には、石油から化学的に合成された成分が配合されている製品がたくさんあり、中には肌に悪影響を与えて肌トラブルを起こす恐れがある、体内に蓄積して発ガンの原因になる場合があるというような情報に接することも少なくなりません。

けれども反対に、植物由来、自然派と謳っている製品にはそのような心配はないのかといえば、そうとばかりも言えないのが現状です。

化粧品に配合されている美容成分以外の成分には、どのような働きがあり、どのような問題点があるのでしょうか?

 

アレルギーを引き起こしやすいパラオキシ安息香酸

パラベンとはパラオキシ安息香酸のことで、微生物の増殖を抑制する静菌作用のある成分で、劣化を防ぎ、長期使用できるようにする目的で化粧品に配合されています。

少量でも広範囲の微生物に対して有効な抗菌力が長期間持続すること、毒性が低いこと、安価であることから、多くの化粧品に使われています。

自然志向、無添加という考え方をする人が増えている為、多くの人が石油から化学的に合成されたパラベンを避けて化粧品を選ぶ傾向が高まっていることは事実ですが、法に依って使用量が定められているので、実際にパラベンが配合された化粧品が肌トラブルを起こしたり、発ガンの原因になったりする率が高いという訳ではありません。

防腐剤が配合されていないと、化粧品がすぐに劣化してしまい、パラベン以上に肌に悪影響を与えることになってしまうので、化粧品メーカーでは使わざるを得ない成分であるとも言えます。

 

天然由来の防腐剤フェノキシエタノールとは?

フェノキシエタノールは、天然に存在する揮発成分で、パラベンと同じように防腐剤として使われていますが、パラベンよりも毒性が強く、微生物に対する殺菌能力は低い成分です。

パラベンと組み合わせて配合されていることもありますが、過敏症の肌の人にとっては刺激が強すぎる成分です。

天然由来の防腐剤には、フェノキシエタノールの他にブチレングリコールという成分がありますが、防腐作用が低い為、配合量が多い化粧品もあり、肌のトラブルにつながる人もいます。

 

パラベンフリー化粧品は危険?

化粧品は非常に腐りやすい製品である為、防腐剤がどうしても必要です。

パラベンにはアレルギーを引き起こす恐れがある、石油由来だから体に悪いに違いないというような理由から、防腐剤を使用しなかった場合、2,3日ごとに新しい化粧品の封を切るか、劣化した化粧品を肌につけることになってしまいます。

従ってパラベンフリー化粧品には、パラベン以外の防腐剤や保存料が使われています。

パラベン以外の防腐剤であるブチレングリコールやフェノキシエタノールは、天然由来ですが、パラベンに比べて防腐能力が弱く、毒性も高いので、この成分によってはトラブルをおこす人もいます。

反対に、パラベンが配合されている化粧品で肌トラブルを起こす人もいます。

個人個人の肌の質や肌の状態は異なっていますので、自分の肌質と現在の肌の状況に合わせて適切な化粧品を選ぶことが大切です。

 

まとめ

パラベン(パラオキシ安息香酸)は石油由来の保存料、フェノキシエタノール自然由来の保存料で、化粧品の劣化防ぐ為に多くの化粧品に配合されています。それぞれ毒性がある為、アレルギーや肌トラブルに原因になる恐れもありますが、配合できる基準値が定められているので、普通肌の人が使用した場合、肌トラブルがおこることは稀です。肌が過敏になっている時にはバラペンフリーを選ぶなど、個人の肌の質や状態によって、適切な成分が配合されている化粧品を選ぶことが大切です。

おすすめの美顔器ランキングはこちら