妊娠中に美顔器を使ってもいいの?


妊娠中は美顔器は使ってもいいの?

 

妊娠中は、肌が荒れたり、ニキビができやすくなったりと肌の状態が不安定になってしまう人が多くいます。

その為、特別なスキンケアが必要なのでは?と感じるかもしれませんが、妊娠中の肌の不安定さは出産後には自然に解消されていくものなので心配ありません。

それよりもスキンケアの為に美顔器を使うことの方が肌に悪影響を与える恐れがあります。

 

ホルモンバランスの変化の為に妊娠中は肌が敏感です

妊娠中は食生活が妊娠前とは変化すること、ホルモンバランスが変わること、便秘しやすくなること、妊娠による不安などでストレスが溜まること、汗をかきやすくなることなどから、肌の状態も不安定になり、今まで使っていた化粧品で急にかぶれてしまったり、ちょっとしたことで肌が荒れたり、痒みを感じたり、ニキビや吹き出物、湿疹ができたりしてしまいます。

また、女性ホルモンの影響で色素沈着をおこしやすくなる為、軽く紫外線を浴びただけでもしみになりやすくなってしまいます。

その為、妊娠中には刺激の少ない化粧品を使うこと、できるだけ紫外線を浴びないよう、帽子や日傘を使用すること、そして肌の不安定な状態に神経質にならないことが大切です。

 

妊娠中の美顔器使用は肌が荒れる可能性があり、その他にも悪影響がある恐れがあるので、医師にも相談しなるべく控えることをおすすめします

シミが増えたり、ニキビができたりする時になり、特別なスキンケアをしたくなることと思いますが、妊娠中に美顔器を使用することはおすすめめできません。

美顔器による刺激を与えることは、通常の状態であれば良い効果を生みますが、肌が不安定な状態になっている時には、肌に負担をかけることになってしまいます。

肌荒れやニキビなど、今気になっているトラブルがよりひどくなってしまう恐れもあります。

妊娠中に肌トラブルがおこってしまった時には、丁寧な洗顔と低刺激の化粧水や美容液で、肌を刺激しないようにスキンケアをし、妊娠中には誰にでもおこることと考え、気にしすぎないようにしましょう。

 

まとめ

妊娠中にはホルモンバランスの乱れや、食生活の変化、ストレスなどから、肌のトラブルがおこりやすくなりますが、その状態を改善しようと思って美顔器を使用すると、かえって肌に負担をかけてしまいます。妊娠中に肌荒れをおこすのは誰にでもおこることと考え、気に病まないこと、肌に負担をかけないようなシンプルなスキンケアをすることが大切です。

おすすめの美顔器ランキングはこちら