ニキビ跡を消す方法


にきび跡を消す方法

 

せっかくニキビが治ったのに、跡が残ってしまったというようなことはありませんか?

大人のニキビは、肌の機能が低下している時にできやすいので、適切なケアをしないと跡になりやすいので、丁寧なスキンケアが大切です。

ニキビ跡には、ニキビの症状やニキビ跡になってしまった原因によっていくつかのタイプがあり、症状に合わせたケアをすることが有効なニキビ跡を消す方法です。

 

原因によって違うニキビ跡の種類

しみの様な茶褐色のニキビ跡は、ニキビの炎症から肌を守る為に発生したメラニン色素が正常に排出されず、沈着してしまったことが原因で、紫外線を浴びると、より悪化してしまいます。

赤みのあるニキビ跡は、皮下組織にまで及んでしまったニキビの炎症を修復するためにできた毛細血管が原因です。

自然に薄くなっていく場合もありますが、適切なスキンケアをしなかったり、紫外線を浴びたりすると、いつまでも消えずしみになってしまう場合もあります。

クレーター状になっているニキビ跡は、炎症が真皮を傷つけ、コラーゲンなどの繊維細胞を壊してしまったことが原因です。

ケロイド上になっているニキビ跡は、炎症が壊してしまったコラーゲン繊維が修復の為に多量に生成され、皮膚が硬くなってしまったことが原因です。

 

ニキビ跡のケアに効果的な美顔器は、イオン導入器やフラクショナルレーザー

しみのようなニキビ跡や赤みの残るニキビ跡を消す方法は、正常なターンオーバーができるよう、肌の循環を良くすることと、ビタミンCを肌の奥まで浸透させることです。

ターンオーバーを正常にする為には、バランスの良い食生活、質の良い睡眠を心がけ、正しい洗顔をすることが大切です。

ビタミンCなど、ニキビ跡を改善する為の有効成分を肌の奥まで浸透させるためには、イオン導入器を使うことが効果的です。

クレーターになってしまったニキビ跡を消す方法としては、クリニックでフラクショナルレーザーの治療を受ける方法が最も効果的ですが、治療費が高額であること、治療後に腫れたりかさぶたができたりするのでダウンタイムが必要であることなどから、二の足を踏んでしまう人も多くいます。

そのような場合には、フラクショナルレーザーの家庭用美顔器を使う方法があります。

クリニックのフラクショナルレーザーとは違い、家庭でも安全に使えるように設計されている為、腫れたりかさぶたができることはありません。

 

まとめ

ニキビ跡にはいろいろな種類がありますが、どのニキビ跡にも共通していることは、肌の新陳代謝を促し、正常なターンオーバーを取り戻すこと、バランスの良い食事と質の良い睡眠を取りこと、喫煙や過度な飲酒を控えることです。

それに加えて、ニキビ跡の種類に合わせたスキンケアをしましょう。

 

ニキビ跡にはしみのような茶褐色のニキビ跡、赤みのあるニキビ跡、クレーター状のニキビ跡があり、それぞれに原因もケアの方法も違います。肌の循環を良くし、正常なターンオーバーを取り戻すことを基本として、ニキビ跡の種類に応じたスキンケアをすることが大切です。

おすすめの美顔器ランキングはこちら