ほうれい線の原因と対策


ほうれい線の原因と対策

 

ほうれい線は加齢によって目立つようになってきてしまうものですが、その他の原因によって、若いうちからできてしまうこともあります。

ほうれい線の原因を知り、ほうれい線の予防をしましょう。

 

ほうれい線の原因…生活習慣、骨格の歪みや肩こりによる表情筋の衰え

ほうれい線の原因の一つは、頬のたるみです。

表情筋が衰えたことや、肌にハリがなくなったことによって、頬がたるんでしまう為、ほうれい線ができてしまうのです。

表情筋は、加齢によって徐々に衰えてしまうものですが、生活習慣によって表情筋が衰える速度は変わってきます。

無表情な人、無口な人、硬い食物を好まず柔らかい食物ばかり食べている人は、表情筋が衰えやすく、生き生きとした表情の人、おしゃべりな人、硬い食物を好んでよく食べる人は、表情筋が衰えにくいからです。

また、不規則な生活習慣や、栄養の偏った食生活などにより、肌の弾力を維持するコラーゲンなどの分泌量が減少すると、肌にハリがなくなりほうれい線ができてしまいます。

その他には日常生活に置ける姿勢の悪さもほうれい線の原因になります。

姿勢が悪いと、頭部が前に突き出る、肩こりになる、骨格が歪むといった状態になり、頭部を正しい位置に支えることができなくなってしまうので、頬やあごの皮膚がたるんでしまうのです。

 

ほうれい線の原因…エアコンや紫外線、北風による乾燥、間違ったスキンケア

エアコンや紫外線、北風などによって肌が乾燥すると、小じわが増えてしまいます。

そのような状態になった時に、確実な保湿ケアをしないと、肌の内部で保湿をすることができなくなり、小じわやしわからほうれい線になってしまいます。

肌が乾燥した状態になっている時には、適切な保湿ケアをする、エアコンの風を受けないように気をつける、紫外線や北風から肌を防御することが大切です。

 

ほうれい線の原因…顔のむくみ

顔のむくみの直接的な原因は、塩分やアルコールの過剰摂取ですが、日常的に姿勢が悪い、睡眠が不足している、栄養が偏っているなどの理由で、血液やリンパの循環が悪くなり、老廃物が溜まって顔がむくんでしまうということがあり、顔がむくんでしまうと、ほうれい線も出やすくなってしまいます。

 

ほうれい線の原因・まとめ

ほうれい線の原因には、表情筋の衰え、肌の乾燥、むくみ、姿勢の悪さなどがあります。

これらの現象は加齢によって次第におこってしまうものですが、生活習慣によって年を重ねていないにもかかわらずほうれい線ができてしまうこともあれば、適切なスキンケアと良い姿勢を保つことで、歳を重ねてもほうれい線が目立たないこともあります。

 

ほうれい線の対策として

ほうれい線ができてしまってもスキンケアやマッサージで改善することができます。

ほうれい線を予防、解消しましょう。

 

ほうれい線…スキンケアで対策

ほうれい線の原因の一つは、紫外線やエアコンの風による肌の乾燥です。

表皮の下にある角質層は、天然保湿因子によって常に水分を蓄え、肌の内部から水分が失われないようにする働き、外部の刺激から肌を守る働きをしていますが、紫外線やエアコンの風など外部からの刺激によって水分が失われてしまうと、肌の内部を守る機能が失われてしまいます。

その為、肌が乾燥すると様々な肌トラブルがおこってしまうのです。

乾燥した肌をさらに悪化させるのは、間違ったスキンケアによる皮脂の摂りすぎです。

朝夕2回とも洗顔剤を使って洗顔する、お湯で洗顔する、洗顔する時や水分をふき取る時にこすってしまうというようなことをしていませんか?

乾燥している時は、朝はぬるま湯か水だけで洗顔する、シャワーを顔にかけない、石鹸は泡立てて使いこすらない、水分をふき取る時は、タオルで押さえるようにしてふき取るというように、肌に負担をかけない方法で洗顔することが大切です。

また、洗顔後はすぐに保湿ケアをしましょう。

 

ほうれい線…表情筋を鍛えるエクササイズで対策

日本人は、感情を顔に出さないことが美徳であると考えられている面があるので、欧米人と比較すると、表情の変化に乏しい人が多いのですが、このこととほうれい線には大きな関係があります。

なぜなら表情筋の衰えはほうれい線の原因の一つであり、表情を変えないことは表情筋の衰えに繋がるからです。

日常的に表情筋を動かす機会が少ないのであれば、表情筋を鍛える為のエクササイズをする必要があります。

口角を引きあげる為には、口をおの形にしてつきだし、上下に動かすエクササイズ、口の周りにある口輪筋を鍛える為には、ほうれい線に指をあて、円を描くように動かすエクササイズが有効です。

 

ほうれい線…カリウムを摂る

ほうれい線の原因には顔のむくみもあります。

顔のむくみを解消する為には、体内の余分な水分と塩分を排出することなので、電解質としての働きをするカリウムを摂取して、ナトリウムとのバランスを調整し、体内の余分な水分と塩分を排出しましょう。

カリウムはアーモンド、干しぶどう、ピーナッツなどのナッツ類、パセリ、セロリ、ほうれんそうなどの緑黄色野菜、昆布やワカメなどの海藻類に多く含まれています。

 

ほうれい線…首から肩にかけてマッサージ

リンパマッサージもほうれい線の原因であるむくみの解消に役立ちます。

耳の後ろから首を通り、鎖骨に向かってリンパ液を流すような感覚でなでおろす、鎖骨を内側から外側に向かって圧をかけながら移動させるといったマッサージが効果的です。

 

ほうれい線対策・まとめ

ほうれい線を解消する為には、肌を乾燥させない、乾燥した肌に保湿力を取も戻すための正しい洗顔と適切なスキンケア、表情筋を鍛えるエクササイズ、ナトリウムとのバランスを調整する為のカリウムを摂取、リンパの流れを良くする為の首から肩にかけてのマッサージが有効です。

おすすめの美顔器ランキングはこちら