美顔器の使用頻度を守って効果を上げよう


美顔器の使用頻度を守って効果を上げよう

 

美顔器は適切な使い方をすると、スキンケアに役に立ち、美しい肌にする為の効果が上がるものですが、間違った使い方をすると肌トラブルを起こしてしまいます。

美顔器の効果的な使い方のポイントを押さえて、上手に利用しましょう。

 

美顔器の効果的な使い方…肌への負担を考えて毎日行わないこと、制限時間を守ること

メーカーや出力の大きさによって、使用頻度や使用時間の上限が違いますので、取扱説明書の指示に従うことが最も重要です。

超音波美顔器は、超音波の周波数にもよりますが概ね週2~3回にとどめるべきです。

特に周波数の低い超音波美顔器の場合は、週1回程度でも十分効果が上がります。

超音波美顔器は、周波数が低くなれば低くなるほど振動が細かくなり、肌の奥まで届きやすくなるので、肌の循環を良くする効果が高く、周波数の高いものは振動数が減るので、クレンジング効果など肌の表面に働きかけるという違いがあるからです。

また、使用する時間も上限が決められていますので、その時間を超えて使用しないように気をつけましょう。

レーザー美顔器は、痛みを感じたり、赤くなったりすることもありますので、使用時間を必ず守り、使用頻度もメーカーの説明書に従って使いすぎないようにすることが必要です。

高周波美顔器やローラー美顔器は、ほとんどの場合毎日使用しても肌への負担はありませんが、使用時間が長くなりすぎると肌への負担がかかりますので使用時間の上限を守りましょう。

 

美顔器の効果的な使い方…朝行うべきか夜行うべきか

朝のスキンケアの基本は、紫外線や冷たい外気などから肌を守る準備をすること、夜のスキンケアは就寝中に、昼間肌が受けたダメージを修復し、美しい肌を作る為の細胞が活発に働くように準備することです。

そして、それに加えて、スキンケアをすることでゆったりくつろいだ気分になることも質の良い睡眠の為に大切な要素ですので、美顔器を使ったスキンケアは夜行うことをおすすめします。

乾燥肌の人は朝のスキンケアでしっかり保湿をして紫外線や外気から肌を守り、夜のスキンケアではイオン導入器などを使って、美容成分をしっかり肌に浸透させましょう。

起床時に顔がむくんでいる、顔のくすみが気になる人は、蒸しタオルを当てて血行を促進してから洗顔するようにし、夜は超音波美顔器や美顔ローラーで肌の循環を良くするようにしましょう。

 

美顔器を使わない方が良い時

ターンオーバーの周期が正常よりも短くなっている時には、肌が通常の状態より薄くなり、過敏になっています。

そのような時に美顔器を使うと肌にかける負担が大きく、肌トラブルの原因になる恐れがあるので避けましょう。

また、過労で体調が悪い、生理や妊娠などでホルモンバランスが崩れているというような状態の時にも美顔器を使うのは控えるべきです。

 

まとめ

美顔器は、美しい肌を作るために有効なスキンケアですが、使用頻度や使用時間を守らないと肌トラブルになってしまいますので、取扱説明書に従って正しく使用することが大切です。また、美顔器は、夜のスキンケアと一緒に使用することが効果をあげるコツです。

おすすめの美顔器ランキングはこちら