美顔器は何歳から使う?


美顔器は何歳から?

 

結論から言うと美顔器は何歳から使っても効果を発揮します。

10代のニキビの悩みなどはホルモンバランスの乱れが原因のことが多いですので解決に至るかはわかりませんが、しっかりとクレンジングすることは早くからやっておいて何の損もありません。むしろしっかりとクレンジングする癖を早くから身につけておく事でお肌の老化を防ぐことができます。昨今では10代でも化粧をしっかりするので超音波美顔器などでしっかりとクレンジングしておくと後々の若々しさに繋がるでしょう。

20代以降ですが年齢によって肌の悩みは変わってきますので、年代による肌の状態にあう美顔器を使うことがより良い効果を得ることに繋がります。

 

年代別の肌の悩み…老化を防ぐスキンケア

肌の質には個人差がありますが、年代的な特徴は多くの人に現れ、それによって肌のトラブルが発生してしまいます。

20代は、前半は皮脂が多くニキビができる、顔がてかる、毛穴が黒ずむなどのトラブルがおきる他、まだ表面には出ていないもののしみの予備軍が肌の奥に潜み始める年代でもあります。

そして20代後半には、皮脂に分泌は減少するものの、反対に乾燥しやすい肌に変化していきます。

従って、20代に必要な美顔器は、毛穴の奥の汚れを取り除くクレンジング機能のある超音波美顔器やイオン導出器などが向いています。

どちらの美顔器も、美容成分を肌の深くまで浸透させる働きもあるので、20代後半に乾燥しやすい肌にも保湿効果が期待できます。

 

30代は、肌の老化が始まる年代です。

この時期には新陳代謝の機能も低下し始めるので、10代、20代で浴びた紫外線の悪影響が出はじめ、しみやくすみが気になるようになり始めますので、美顔器を使い始めようと思う方も多いことと思います。

この年代では肌の循環を良くし、新陳代謝を促すことが非常に大切です。

その為、マッサージ効果のある美顔器で血液やリンパの循環を活発にすること、超音波の振動や電気の性質を利用してコラーゲンなどの美容成分を真皮にまで届かせることが大切です。

 

40代からは、表情筋が衰え始めること、乾燥による小じわが増えることから肌のたるみやほうれい線、しわが気になり始めます。

長年浴び続けてきたUVAによる深いしわも目立つようになり始めます。

従って30代までのケアに加えて、表情筋を鍛え引き締めること、保湿して小じわを改善すること、紫外線の悪影響を改善する為ビタミンC誘導体などの美容成分を肌に浸透させることも必要です。

 

アンチエイジングの為のメイクアップと化粧品

30代を過ぎると、肌だけではなく、顔のパーツが変化して次第に老け顔になっていきます。

目尻が下がってたれ目になる、瞼が下がる、眉が薄くなる、口角が下がりほうれい線が目立つようになる、あごがたるむといった変化をカバーする為には、メイクアップに工夫が必要です。

目元はアイラインとハイライトでくっきりさせる、アイブローを使って眉を自然でくっきりした感じにする、チークであごの線をシャープにすることが、老け顔の解消に役立ちます。

また、基礎化粧品には、セラミド、コラーゲンなど肌の内部で生成される量が減ってしまった天然の保湿成分や弾力繊維を補える美容成分、レチノールやビタミンC、コエンザイムQ10などの活性酸素を除去し、新陳代謝を高める効果ある美容成分が配合されている化粧品を選びましょう。

 

まとめ

肌の状態や、顔の変化は年齢によって次第に変化していくものなので、年代に合わせたスキンケアやメイクアップをすること、年代によるトラブルの解決に繋がる美顔器を選ぶことが大切です。

おすすめの美顔器ランキングはこちら