美顔器のジェルの作り方【本物のパラベンフリーを作りたい人必見】

gel

目次

【必見】手作りジェルで抑えておきたいポイント

これからジェルを手作りするのであれば、知っておくべきことがいくつかあります。
ジェルを作る前に理解して、ジェル作りに役立ててください。

1.超音波美顔器はジェルが必須

超音波美顔器は、水分が無いと肌に振動が伝わらないためジェルを塗って使用する必要があります。

原理的には、ジェルでなく水でもいいのですが、水分はすぐ蒸発してしまい滑りが悪くなります。

摩擦が起こることで肌に負担もかかってしまうので、ジェルを使った方が効果も絶大になります。

2.超音波美顔器用ジェルは水溶性の成分で作る

これから作るジェルは、すべて水溶性の成分で必ず作りましょう。

油分を含むオイルやクリームだと超音波美顔器の振動が伝わらず、肌に浸透せず美顔器を使うときのジェルとしての役割はなくなってしまいます。

3.成分(原料)の特徴を理解する

ジェルを手作りする上で大事なのは、ジェルに含む成分の特徴をまず理解してから作る事です。

成分によっては油溶性とは合わせられるけど、水溶性とは相性が合わないというものもあります。
特徴を理解することで、市販のジェルとは違うあなた好みのジェルが作れますので、成分の特徴はしっかり調べておきましょう。

4.保存期間を守る

手作りジェルは、直射日光・高温・多湿はNGです。

材料は、必ず保存期間を守り冷暗所などで保管しましょう。
完成したジェルの保存を冷蔵庫で行うのも有効です。

食べ物に賞味期限があるように、化粧品にも使用期限があります。

ただし、市販のジェルや化粧品に使用期限が表記されていることは少ないです。
あまり見た事ありませんよね?

薬機法では、販売名や製造販売業者などの表示は定めていますが、使用期限の提示は求めていないのです。

未開封の化粧品であれば、製造から3年間は保証されますが、3年経過したから販売停止になるということがないのです。

医薬品医療機器等法で定める表示(法定表示)について

化粧品には購入された方に分かりやすいように販売名や製造販売業者、ロット番号など製品に関する情報の表示が必要です。
医薬品医療機器等法では第61条に定められており、その表示は化粧品が直接入っているビンや箱(直接の容器又は直接の被包)に行わなければなりません。
東京都健康安全研究センター公式サイトより引用
http://www.tokyo-eiken.go.jp/k_yakuji/i-kanshi/cosme/c_label/

「じゃー、市販のジェルってもしかしたら製造から3年以上経過しているの?」
「肌に影響ないのかしら?」

と不安になるかもしれませんが、市販のジェルは、販売元や製造業者がロット番号などで製造日を管理しています。
気になる方は、メーカーに問い合わせれば教えてもらえます。

それから、市販ジェルにパラベンフリーや無添加と書かれていますが、実は少量の防腐剤となる成分は含まれています。
もちろん、効き目としては薄いですし、肌への悪い影響はありません。

なので、完全に防腐剤や無添加のジェルを使いたいとなると、成分の保存期間を守ることが大事になります。

成分の保存期間もきちんと調べて、手作りしたジェルの容器に「保存期間・使用期限」は表記しておきましょう。

5.手作りであなたらしいアイデアを盛り込む

なぜ、ジェルを作ろうと思いましたか?

市販のジェルでは、物足りなさを感じていますか?
ランニングコストを抑えるためにジェル作りをしようと考えられましたか?

手作りジェルに興味を持つ理由は様々ですが、手作りでジェルを作るのですから、市販のものとは違うあなたのアイデアを盛り込んだジェルを作ってみてはいかがですか?

先ほども説明しましたが、基本的に市販のジェルには、パラベンフリー、無着色、無香料、無添加(鉱物油・シリコン・アルコール)という表示があります。

しかし、ものによってはこれらの成分を少量含んでいる市販ジェルもあるので、界面活性剤や防腐剤を含んでいないにジェルを作ることも手作りジェルならではのアイデアですよね。

私は香りつきのジェルが好みです。
好みの水溶性アロマオイルなどを混ぜて香りづけをしてジェルを作ると、市販のジェルにはない独特の使用感・満足感が得られますよ。

パラベンフリーとは

パラベンとは、防腐剤のことでパラベンフリーとは防腐剤を含んでいないという意味です。

パラベンとは
化粧品、食品、医薬品には微生物による汚染を防ぐため、防腐剤が使用されることがあります。中でも、パラベン類は人体に対する毒性が低く、微生物、特にカビや酵母に対して効果的であるために良く使用されています。

パラベンの物質名は『パラヒドロキシ安息香酸エステル(別名:パラオキシ安息香酸エステル)』です。いくつかの種類のあるパラベンの中でも、一般的にはメチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンが主に使用されています。
上野製薬株式会社公式サイトより引用
(cite) https://www.ueno-fc.co.jp/chemistry/paraben.html(/cite)

界面活性剤とは

界面活性剤とは、油溶性の成分を水溶性の成分と組み合わせるときにスポンジとなるものです。

界面活性剤の中でも「硫酸」「スルホン酸」という成分は、洗浄力が高く、肌荒れなど起こしやすいですが、肌に悪い影響を与えない毒性の低いものもあります

化粧品には、「乳化剤」「洗浄剤」などと表記されています

界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。代表的なものに石鹸(脂肪酸塩)があります。また、洗剤の他にも、医薬品、化粧品、食品などの成分としても広く使われています
花王株式会社公式サイトより引用
(cite) http://www.kao.com/jp/qa_cate/clothcleanser_04_02.html(/cite)

6.しっかり消毒する

ジェルを手作りする上で必要なことのひとつに、消毒があります。
市販のジェルは、工場などで衛生管理された環境の中で作られていますので使用する私たちも安心して使用することができますよね。

手作りするジェルは、自分で衛生管理をする必要があるので、使用する器具と容器、そしてあなたの手の消毒は必ず行いましょう。

市販ジェルで使用されている成分からヒントをもらう

ss

人気の超音波美顔器には、専用のジェルがありますよね。

手作りでジェルを作る前に、専用ジェルからヒントになる成分を集めてみましょう。

成分を効能別に分けてみたので、あなたが手作りするジェルにどの成分を入れたらいいかイメージを膨らませてみてください。

ララルーチュレジーナに使用するリベラータモイスチャージェルの成分

ララルーチュレジーナに使用する「リベラータモイスチャージェル」は、120g配合で1本3,145円(税込)です。

成分を調べてみると、リベラータモイスチャージェルには保湿に効果のある成分が多く含まれていることが分かりました。

保湿作用

グリセリン、プロバンジオール、ベンチレングリコール、BG、ベタイン、リンゴ果実細胞培養エキス、PCA-Na、カッコンエキス、クロレラエキス、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、クエン酸Na、プロリン

美白作用

アロエベラ葉エキス

抗酸化作用

クエン酸

シワ対策

ハス胚芽エキス、ヒメフウロエキス

抗炎症・抗アレルギー作用

グリチルリチン酸、レシチン

肌を滑らかにする

水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、キサンタンガム

抗菌作用

EDTA-2Na

防腐作用

フェノキシエタノール

オーロラシューティカル G7に使用するオーロラリフタップジェルの成分

オーロラシューティカル G7に使用するジェルは、「オーロラリフタップジェル」で150mg配合で1本4,104円(税込)です。

オーロラリフタップジェルは、毛穴の汚れやニキビ、ニキビ跡でお悩みの方が効果を感じられる成分が含まれているジェルです。

保湿作用

BG、ベタイン、水溶性コラーゲン、褐藻エキス、紅藻エキス、緑藻エキス、アルギニン

美白作用

プラセンタエキス

抗酸化作用

リン酸アスコルビルMg、酒粕エキス

シワ対策

加水分解エラスチン

抗炎症・抗アレルギー作用

グリチルリチン酸ジカリウム、アミノカプロン酸、オウバクエキス

肌を滑らかにする

プルラン、カルボマー、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース

抗菌作用

エタノール、フェノキシエタノール、クオタニウム-73、ムラサキ根エキス

防腐作用

エタノール、フェノキシエタノール

非イオン性界面活性剤

ポリソルベート20

エステナードソニックROSEに使用する薬用ジェルの成分

エステナードソニックROSEに使用する「薬用ホワイトジェル」は、70g配合で1本3,218円(税込)です。

薬用ホワイトジェルは、上記2件のジェルとは異なり「医薬部外品」です。

化粧品としての保湿作用だけでなく、医薬品として効果の高い成分(水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム)が含まれているジェルです。

※化粧品と医薬部外品の違いについては後述します。

保湿作用

濃グリセリン、クエン酸、ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル、トリメチルグリシン、1,3-ブチレングリコール、水溶性コラーゲン液(1)、1,2-ペンタンジオール

美白作用

水溶性プラセンタエキス、水酸化大豆リン脂質

シワ対策

ヒアルロン酸ナトリウム(2)、L-アルギニン

抗酸化作用

リン酸L-アスコルビルマグネシウム

抗炎症・抗アレルギー作用

グリチルリチン酸ジカリウム

肌を滑らかにする

水酸化ナトリウム、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、プルラン、

抗菌作用

感光素201号

防腐作用

フェノキシエタノール、乳酸

精製水

このように、市販ジェルには複数の成分が含まれていますし、手作りジェルでは手に入らない成分もあります。

成分を調べることで、成分名・作用を知ることができたので、あなたが作りたいジェルに入れたい成分は、メモしておいてくださいね。

化粧品と医薬部外品(薬用化粧品)の違い

市販ジェルを調べていて気になったことは、商品名に「医薬部外品」という表示があることです。
この「医薬部外品」という表示を使用するには、決まりがあることをご存知ですか?

「化粧品」は、使い方が同じでも 「医薬品医療機器等法」によって「化粧品」と「薬用化粧品」に分類されます。「化粧品」は肌の保湿や、清浄など、製品全体としてその効果が期待されています。一方、「薬用化粧品」は化粧品としての期待効果に加えて、肌あれ・にきびを防ぐ、美白、デオドラントなどの効果を持つ「有効成分」が配合され、化粧品と医薬品の間に位置する「医薬部外品」に位置づけられています。
日本化粧品連合会公式サイトより引用
https://www.jcia.org/n/pub/info/b/02-2/

「医薬部外品」の表示が使えるのは、化粧品としての効能だけでなく肌の悩みに応える薬のような成分も含んでいることを意味しています。

有効成分の意味

「医薬部外品」として表示できる有効成分について、より分かりやすい内容を提示します。

Q7化粧品には有効成分がないと聞きましたが、有効成分とは何ですか。
 有効成分とは、医薬品や医薬部外品に含まれる成分のうち、その医薬品などの目的である効果を表す成分のことです。例えば、解熱鎮痛剤に含まれるアスピリンのような成分のことを有効成分と言います。化粧品の場合は、含まれている成分全体で、使用感や効果を発揮するため、有効成分という言葉は使いません。
東京都健康安全研究センター公式サイトより引用
http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/cosme/cosme2/

自分で手作りすると、「医薬部外品」と表示できる有効成分を含めてジェルを作ることもできるのでメモしておくといいですよ。

手作りジェルのレシピを考える

2bd6aeff4cffb81d1d45f8ff9eed4126_m

さて、いよいよ手作りジェルのレシピを考えるステージまで来ました。
ここでは、手作りジェルに必要な成分表とレシピを考えてみたので、あなたがジェルを作るときに参考にしてもらえたら嬉しいです。

ジェルを作るには、材料と作るための器具や容器が必要です。

材料として必要な精製水は、ドラッグストアなどで購入できますが、成分や容器はドラッグストアなど実店舗で探すのが大変な場合があります

そんなときは、Amazonや楽天などインターネットで購入すると簡単に手に入ります
手作りジェルに必要な器具や容器は後述しますので、まずはレシピから考えていきましょう。

水溶性ジェルに必ず必要な成分

ジェルを作るために絶対必要なベースとなる成分は、カルボマーかキサンタンガムです。

どちらも水溶性高分子で、敏感肌の人はキサンタンガムの方が濃度が低いため向いていますが乾燥しやすい性質があるので保湿成分を多めに配合すると良いでしょう。

市販ジェルでもカルボマーとキサンタンガムを一緒に使用していたので、2つを組み合わせて入れてもOKです。

保湿作用のある成分

作用 成分名 保存期間 平均金額
保湿 グリセリン 開封前1年半 650円/50g
ベタイン
(トリメチルグリシン)
開封前1年 411円/50g
BG
(1,3-ブチレングリコール)
開封前1年 594円/50ml
プロリン
(L-プロリン)
製造日より未開封2年 1,350円/50g
美白 プラセンタエキス 開封前半年 1,620円/10ml
ナイアシン酸アミド
(ビタミンB3ナイアシンパウダー)
開封前半年 600円/10g
アルブチン(有効成分) 開封前1年 4,536円/10g
コウジ酸(有効成分) 開封前1年 972円/5g
トラネキサム酸(有効成分) 開封前1年 6,980円/10g
シワ コラーゲンエキス
(低分子加水分解コラーゲン原末)
開封前1年 648円/10g
水溶性レチノール 開封前1年 972円/20ml
ヒアルロン酸ナトリウム 開封前1年 1,296円/1g
毛穴 グリシルグリシン 開封前1年 864円/5g
グリチルリチン酸ジカリウム 開封前1年 617円/5g
エイジング リン酸アスコルビン酸3Na 開封前半年 1,782円/1g
リン酸アスコルビルNa 開封前1年 1,180円/10g
リン酸アスコルビルMg 開封前1年 1,480円/10g

グリセリン
650円/50g
冷暗所保存で、開封前は1年半、開封後は1年
http://www.ringaringa.net/item/liquid.html#glycerine
ベタイン(トリメチルグリシン)
411円/50g
1年
https://item.rakuten.co.jp/naturalcosmetic/50000225/
BG(1,3-ブチレングリコール)
594円/50ml
1年
http://www.mmoon.net/fs/mmoon/0346-050
https://item.rakuten.co.jp/cafe-de-savon/c81011021242/

プロリン
(L-プロリン)
1,350円/50g
製造日より未開封2年
http://marugo.org/products/detail150.html

美白作用のある成分

プラセンタエキス
1,620円/10ml
冷暗所で半年
https://item.rakuten.co.jp/naturalcosmetic/10007777/

ナイアシン酸アミド
(ビタミンB3ナイアシンパウダー)
600円/10g
冷暗所で半年
http://www.ringaringa.net/item/active/vb3.html
アルブチン(有効成分)
4,536円/10g
1年
http://www.mmoon.net/fs/mmoon/0308-010
コウジ酸(有効成分)
972円/5g
1年
http://www.mmoon.net/fs/mmoon/0317-005
トラネキサム酸(有効成分)
6,980円/10g
1年
http://www.northbio.co.jp/kobo/products/ichiran.html

シワ対策にいい成分

コラーゲンエキス(低分子加水分解コラーゲン原末)
648円/10g
開封前1年
https://item.rakuten.co.jp/mmoon/age0-cola-00-000-010/?s-id=review_PC_il_item_01

水溶性レチノール
972円/20ml
冷暗所1年
https://item.rakuten.co.jp/naturalcosmetic/10000553628/
ヒアルロン酸ナトリウム
1,296円/1g
密閉して1年
https://www.amazon.co.jp/自然化粧品研究所-wci361-ヒアルロン酸ナトリウム粉末-1g-【手作り化粧品原料】/dp/B006G4X3HG

毛穴を小さくする作用のある成分

グリシルグリシン
864円/5g
開封前1年
https://item.rakuten.co.jp/mmoon/age0-glyc-00-001-005/

グリチルリチン酸ジカリウム
617円/5g
1~2年
https://item.rakuten.co.jp/naturalcosmetic/10000229/

エイジング(ビタミンC誘導体)の作用のある成分

リン酸アスコルビン酸3Na
1,782円/1g
半年
http://www.mmoon.net/fs/mmoon/0303-001
リン酸アスコルビルNa
1,180円/10g
開封前1年
http://www.northbio.co.jp/kobo/products/ichiran.html
リン酸アスコルビルMg
1,480円/10g
開封前1年
http://www.northbio.co.jp/kobo/products/ichiran.html

ベースとなる成分は比較的値段が安いですが、有効成分は肌の悩みによって効果がアップされるので高くなります。

ランニングコストを考えてジェルを作るのであれば、シンプルな成分でジェルを作りましょう。
費用よりも効果を重視したいのであれば、あなたが望んでいる作用のある成分を入れましょう。

手作りジェルレシピと作り方

入れたい成分は見つかりましたか?
ここでは、美顔器で使えるジェルレシピのご紹介と作り方をご紹介します。
手作りに必要な材料や容器が揃ったら、はじめてみましょう。
※使用する容器や器具、あなたの手を消毒してから作りましょう。

シンプルなジェル

【材料】

  • 精製水100mL
  • キサンタンガム1~2g
  • グリセリン10mL

購入する場所にもよりますが、Amazonや楽天で購入すると合計1,471円(税込)かかります。

  • 精製水300mL 105円
  • キサンタンガム50g 940円
  • グリセリン100mL 426円

1度に使うジェルの量に個人差はあると思いますが、上記のレシピを1回分とした場合1回96.4円となります。

シンプルなジェルの作り方
  1. 精製水にキサンタンガムを少量ずつ加えながら混ぜます。
  2. ジェル状になったら、グリセリンを加えて混ぜます。

これだけで手作りジェルは完成です。
お好みのテクスチャーにしたければキサンタンガムの量で調整しましょう。

保湿力高めのジェル

【材料】

  • 精製水100mL
  • キサンタンガム1~2g
  • グリセリン10mL
  • BG10ml

【費用】
合計2,065(税込)円です。

  • 精製水300mL 105円
  • キサンタンガム50g 940円
  • グリセリン100mL 426円
  • BG50ml 594円

上記のレシピを1回分として使用されると183円です。

保湿力高めのジェルの作り方

  1. 精製水にBC10mlを少量ずつ加えながら混ぜます。
  2. キサンタンガムを少量ずつ加えながら混ぜます。
  3. ジェル状になったら、グリセリンを加えて混ぜます。

キサンタンガムの量は、とろみを見ながら加減してください。

美白作用高めのジェル

【材料】

  • 精製水100mL
  • キサンタンガム1~2g
  • グリセリン10mL
  • プラセンタエキス1ml
  • ビタミンC誘導体パウダー1g

【費用】
合計3,820円(税込)です。

上記レシピで1回分の使用料382円です。

美白作用高めのジェルの作り方

1.精製水にプラセンタエキス1mlとビタミンC誘導体パウダー1gを加え混ぜます。
2.キサンタンガムを少量ずつ加えながら混ぜます。
3.ジェル状になったら、グリセリンを加えて混ぜます。

キサンタンガムの量は、とろみを見ながら加減してください。

手作りジェルに必要な器具と容器

  • ジェルを入れる容器
  • 材料を計る軽量スプーン
  • 材料を計る軽量カップ
  • スポイト
  • ビーカー
  • 撹拌棒(かくはんぼう)
  • ミニ泡立て器
  • 除菌アルコール

ジェルを入れる容器は、透明で耐熱性のあるものにしましょう。
手作りジェルには防腐剤が入らないので、作り置きするときのために容器を消毒しておくことが必要です。
ゴミやホコリが入らないようにすることも大事です。

器具と容器の消毒方法

ジェルを手作りするには、器具や容器の消毒が大事です。
手作りする前日までに消毒を行いましょう。

器具と容器の消毒方法

除菌アルコールをティッシュなどに含ませ、器具と容器の内部を拭き取ります。
アルコールは自然に蒸発させます。

ボトルの消毒方法

除菌アルコールをボトルに少量入れ、フタを閉めて振り混ぜます。
容器全体にアルコールがついたことを確認したらフタを開け蒸発させます。

これで手作りジェルの作り方はおわりです。
あなた好みの手作りジェルをイメージすることはできましたか?

季節に合わせて、肌の状態を見て手作りできるジェル。市販のジェルより断然効果がありそうですよね。
楽しみながら肌のお手入れができれば、継続して美顔器を使うこともできるはずです!